13

宮崎県高千穂町 高千穂あまてらす鉄道株式会社 公式ホームページへようこそ!

 

公開情報

RSS 2.0

ご来場される皆様へ注意していただきたいこと

夏休みが始まり、高千穂鉄橋越えの往復運行も復活いたしました。平日でも多くのお客様にご来場いただいており、大変感謝しております。

これからご来場される皆様にお願いがあります。
駅構内での歩きスマホは絶対にしないでください!
最近流行している「ポケモンGO」でスマートフォンの操作中に事故が多発しているのは皆様ご存知かと思います。当社の駅構内は線路内など足場が悪いところも多々あり大変危険ですので、歩きスマホ(ポケモンGOの操作含め)を禁止とさせていただきます。
繰り返しますが、歩きスマホは大変危険です。高千穂駅構内は禁止です。
これによるケガや事故について、当社は一切責任を負いません。
皆様に安全に観光を楽しんでいただくためにも、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。
 

高千穂あまてらす鉄道株式会社【TR-202】 次回の運転体験

未定

※指導者の都合により変動または中止となる場合がございますので、ご了承ください。また、詳しい内容については下記をご覧ください。
 

2016年06月27日

【平成28年度】夏休みの営業日について

通常毎週木曜日が休園日となっておりますが、今年度も夏休み期間中は無休となります。
7月21日(木)は休園日となります。
翌日、22日(金)から8月末まで無休となります。
但し、これまで通り雨天時には運休または休園となることもありますのでご了承ください。
 

2016年06月06日

第33回 高千穂あまてらす鉄道 運転体験実施について

第33回
高千穂あまてらす鉄道 運転体験実施について



【日時】 第33回運転体験 平成28年7月17日()・18日(月・祝)

【時間】 午前9時~
     ※但し、時間の都合がつかない場合は、応募の際、その旨をお書きください。こちらで対応させていただきます。

【場所】 旧 高千穂駅構内にて

【参加人数】 1日 10名(計20名)

【距離】 構内限定 往復900m ポイント3ヶ所あり
     1人あたり 約30分

【料金】 一人・・・1万円

【参加条件】 普通自動車免許か自動二輪(原付を含む)の免許をお持ちの方で、20歳以上の方が対象。

【持参するもの】 印鑑(認印でも可)・運転免許証

【締切日】 平成28年7月13日(水)
      ※締切日前でも、人数に達した時点で締め切ります。

【応募方法】 メインコンテンツ[お問い合わせ]より必要事項を記入の上、ご応募ください。複数名でも応募可能ですが、その際に参加希望の方全員のお名前をご記入ください。 

高千穂あまてらす鉄道までのアクセス


2015年10月02日

第32回 高千穂あまてらす鉄道 運転体験実施のお知らせ

第32回 あまてらす鉄道 運転体験について


【日時】 第32回運転体験 平成27年11月22日()・23日(月・祝)

【時間】 午前9時~
     ※但し、時間の都合がつかない場合は、応募の際、その旨をお書きください。こちらで対応させていただきます。

【場所】 旧高千穂駅構内にて

【参加人数】 1日 10名(計20名)

【距離】 構内限定 往復900m ポイント3ヶ所あり
     1人あたり 約30分

【料金】 一人・・・1万円

【参加条件】 普通自動車免許か自動二輪(原付を含む)の免許をお持ちの方で、20歳以上の方が対象。

【持参するもの】 印鑑(認印でも可)・運転免許証

【締切日】 平成27年11月19日(木)
      ※締切日前でも、人数に達した時点で締め切ります。

【応募方法】 メインコンテンツ[お問い合わせ]より必要事項を記入の上、ご応募ください。複数名でも応募可能ですが、その際に参加希望の方全員のお名前をご記入ください。 

2015年09月05日

臨時増便について

現在、10:00を第1便として最終便16:00まで、40分間隔で運行しております。
土日祝日はお客様が増えますので、その場合は様子を見て、第1便の前に臨時便を出すこともございます。
また、夕方も同様に16:00便が帰ってくる16:30以降に臨時増便することもございます。
もし来られた際に満車になっていた場合でも、お時間がある時には増便対応できることもあります。
但し、メンテナンスが予定されている日など、対応できない場合もございますので、ご了承ください。 

2015年08月12日

第31回 高千穂あまてらす鉄道 運転体験実施のお知らせ

第31回 あまてらす鉄道 運転体験について


【日時】 第31回運転体験 平成27年9月21日()・22日()

【時間】 午前9時~
     ※但し、時間の都合がつかない場合は、応募の際、その旨をお書きください。こちらで対応させていただきます。

【場所】 旧高千穂駅構内にて

【参加人数】 1日 10名(計20名)

【距離】 構内限定 往復900m ポイント3ヶ所あり
     1人あたり 約30分

【料金】 一人・・・1万円

【参加条件】 普通自動車免許か自動二輪(原付を含む)の免許をお持ちの方で、20歳以上の方が対象。

【持参するもの】 印鑑(認印でも可)・運転免許証

【締切日】 平成27年9月18日(金)
      ※締切日前でも、人数に達した時点で締め切ります。

【応募方法】 メインコンテンツ[お問い合わせ]より必要事項を記入の上、ご応募ください。複数名でも応募可能ですが、その際に参加希望の方全員のお名前をご記入ください。 

2015年07月06日

カフェ『ミラコロ』オープン!

駅舎内のカフェ『ミラコロ』、18日()にプレオープン、19日()にオープンいたします。

ワッフルコーンを使ったソフトクリームを販売します。

ウッドデッキの休憩スペースでゆっくりくつろぎながら、お召し上がりください。

ご来場お待ちしております。 

2015年06月22日

第30回 運転体験について

第30回 あまてらす鉄道 運転体験について


【日時】 第30回運転体験 平成27年7月19日()・20日()

【時間】 午前9時~
     ※但し、時間の都合がつかない場合は、応募の際、その旨をお書きください。こちらで対応させていただきます。

【場所】 旧高千穂駅構内にて

【参加人数】 1日 10名(計20名)

【距離】 構内限定 往復900m ポイント3ヶ所あり
1人あたり 約30分

【料金】 一人・・・1万円

【参加条件】 普通自動車免許か自動二輪(原付を含む)の免許をお持ちの方で、20歳以上の方が対象。

【持参するもの】 印鑑(認印でも可)・運転免許証

【締切日】 平成27年7月10日(金)
  ※締切日前でも、人数に達した時点で締め切ります。

【応募方法】 メインコンテンツ[お問い合わせ]より必要事項を記入の上、ご応募ください。 

2015年05月02日

GWの営業について

ゴールデンウィークの営業について

5月1日(金)から5月6日(水)は休まずに営業いたします。


ゴールデンウィーク期間中は、スーパーカート等が大変込み合い、お待たせすることがありますがあらかじめご了承ください。

また、雨天・強風の場合は臨時休園させていただきます 

2015年03月24日

運転体験について

あまてらす鉄道 運転体験について


【日時】 第29回運転体験 5月2日(土)・3日(日)
     ※5月3日(日)は、応募多数により定員いっぱいとなっております。


【時間】 午前9時~
     ※但し、時間の都合がつかない場合は、応募の際、その旨をお書きください。こちらで対応させていただきます。


【場所】 旧高千穂駅構内にて


【参加人数】 1日 10名(計20名)


【距離】  構内限定 往復900m ポイント3ヶ所あり
1人あたり 約30分


【料金】 一人・・・1万円


【参加条件】 普通自動車免許か自動二輪(原付を含む)の免許をお持ちの方で、20歳以上の方が対象になります。


【持参するもの】 印鑑(認印でもOK)運転免許証


【締切日】 第29回運転体験 平成27年4月26日(日) 

2015年01月13日

社長からの新年のあいさつ

2015年 新年のご挨拶

                 高千穂あまてらす鉄道代表取締役
                               髙山文彦

 皆様、明けましておめでとうございます。

私たちの小さな鉄道は、おかげさまで昨年1年間、たくさんのお客様をお迎えすることができました。

FACE BOOKでもご紹介させていただいているように、1月から12月までの入場総数16,616人(前年10,926人)、乗車総数14,663人(前年9,555人)でした。

約1.5倍の伸びでした。

ほんとうにありがとうございました。

昨年の夏休みは台風や大雨に泣かされました。

相も変わらず車両故障の〝自爆〟もいたしました。

キャパシティの問題もあります。

満席で20~23名なので、多くのお客様を乗せてさしあげることができなかったのです。
誠に申しわけありませんでした。

 今年、私たちは、40名乗車可能の客車と、それを牽引できる丈夫で長持ちな新車両の導入を真剣に考えています。

どんなに遅くとも夏休みには導入できるようにしたいと思っています。

お金のない会社ゆえ、「安物買いの銭失い」になってしまい、加えてお客様の期待になかなかこたえられない。

この負のサイクルから脱したいと願っております。

2005年9月の台風災害から今年でまる10年。

沿線住民の復興運動もむなしく廃線となった高千穂鉄道は、下流域にはもうありません。

なんという時の流れの速さでしょう。

でも、一昨年夏から高千穂橋梁を渡りはじめた私たちは、今年こそは鉄橋の先の深角駅まで行きたいと望んでいます。

こうして少しずつながら歩をすすめ、やがては影待駅、そして日之影温泉駅までつなぐことができたら、と希望をもっています。

 そのためにも私たちは今年、新しく生まれ変わろうとしています。

発表はもう少し先になりますが、そのときはここでご報告します。

 まだまだ困難な道が待ち受けているでしょう。

海と山をつないできた高千穂鉄道というものが、いかに自然豊かで、人と人の心までもつないできたかということを、今年も役員・職員一同、全力で伝えていきたいと思っています。

どうか皆様の1年が健康で幸せなものでありますよう、心からお祈り申しあげます。
                          2015年1月13日
 

2014年07月30日

スーパーカート運行再開

スーパーカート運行再開について

台風による連日の大雨や強風によりスーパーカートの運行に影響がでました。

本日は、まだ強風が吹いて運行できませんが、レール等の点検をしたところ特に異常は見つかりませんでした。

皆様には、大変ご迷惑おかけしましたが、明日の始発の便から運行再開致します。

※但し、雨天時等の場合はいつも通り運休いたしますのでご了承ください。 

2014年05月23日

社長より

社長より
社長より

別記のとおり6月~8月末までの運行計画が決まりました。

高千穂町の理解を得て、これからは定休日を除く毎日、鉄橋越え運行をします。

台風被災から9年、やっと鉄橋を当たり前に渡ることができるようになりました。

長い間応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

平成26年05月23日                    高千穂あまてらす鉄道 社長 高山 文彦   

2014年05月07日

GWについて

GWについて
GWの集客結果について

5月3日~6日までの来場者数と乗車人数は以下のようになってます。

5月03日 来場者数 231名 乗車数 185名
(増便あり 1便 16:30発)

5月04日 来場者数 360名 乗車数 246名
(増便あり 3便 09:20発・16:30発・17:00発)

5月05日 来場者数 228名 乗車数 192名
(増便あり 2便 09:20発・16:30発)

5月06日 来場者数 149名 乗車数 140名
(増便なし)


今年のGWもたくさんの方々がお越しくださいました。
お越しくださいました皆様ありがとうございました。 

2014年03月29日

鉄橋越え再開

鉄橋越えを再開して1週間。

3月21日~28日までの来場者数と乗車人数は以下のようになってます。

3月21日 来場者数 55名 乗車数 45名
3月22日 来場者数 81名 乗車数 70名
3月23日 来場者数 52名 乗車数 47名
3月24日 来場者数 18名 乗車数 17名
3月25日 来場者数 26名 乗車数 26名
3月26日 雨の為 0名
3月27日 来場者数 48名 乗車数 45名
3月28日 来場者数 45名 乗車数 39名
 

2014年02月16日

新年を迎えて

2014年に向けてのご挨拶

            代表取締役社長 高山文彦

 皆様、たいへん遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
 
2月6日に高千穂町長、副町長と面会し、「お知らせ」にあるように今年5月末までの鉄橋越え運行計画を承認していただきました。
今年は3月の春休みから桜の季節にかかかる時期と、ゴールデンウィークの時期に連日運行を実現することができます。
うれしいかぎりです。もちろん夏休み運行も昨年同様に続ける所存です。

 運転体験も寒さの和む3月から開始いたしますので、本物のレールと本物の車両による全国一長い距離の運転体験をどうぞお楽しみください。

 高千穂駅舎の解体は当面延期されました。したがって私たちは現行駅舎に若干の改良を加え、ご来場の方々にもう少し快適に過ごしていただけるよう工夫をこらします。
 高千穂鉄橋の最高点付近にも若干の改良を施し、素通しで105m下の岩戸川の水面が望めるよういたします。
きっと驚いていただけることと思います。

 昨年(4月~12月)の入場数は、お陰様で1万人を超えました。
これは前年の2倍以上の数字です。
ほんとうにありがとうございました。今年も私たちは「もう一歩先」を目指して頑張りますので、どうか皆さん、今年も「あま鉄」をよろしくお願いいたします。

                2014年2月11日  

2013年08月30日

スーパーカート運行について

スーパーカート運行について
お知らせ

天空号、雲海号の車両メンテナスが間に合わないため、8月11日~12日までの運行計画を下記の通り変更します。


1.運行  天岩戸駅―高千穂鉄橋の往復。所要時間15分。

2.料金  大人    800円

 小学生以上 500円

       未就学児  200円

3.時刻表 ありません。随時乗車。

4.車両  4人乗りスーパーカート1台


 天岩戸駅への行き方は高千穂駅でお問い合わせください。料金は高千穂駅で支払われるか、直接天岩戸駅で支払っていただくことも可能です。

 なお、天空号、雲海号の2両編成による高千穂駅―高千穂鉄橋間の往復運行の再開は8月13日以降の見込み。なんとかして13日の再開を目指しておりますが、正式決定は12日中にお知らせします。

 皆様には応援していただき、まことにありがとうございます。ご期待に沿えるよう懸命に努力している最中です。ご面倒、ご迷惑おかけして大変申しわけありませんが、、どうかお見守りください。
 

2013年08月23日

スーパーカート時刻表

走行距離を往復5.1キロメートルに延伸!
高さ105メートルの高千穂橋梁を渡ります!!

スーパーカート運行時間


今までのスーパーカートはお客様が来られたら随時発車していましたが、7/20からは以下の時刻のみで運行させていただきます。


第1便  10:00

第2便  10:40

第3便  11:20

第4便  12:00

第5便  12:40

第6便  13:20

第7便  14:00

第8便  14:40

第9便  15:20

第10便 16:00


但し、7/20(土)~8/31(土)の期間での実証実験となります。 

2013年08月22日

料金変更について

念願だった高千穂駅~高千穂鉄橋までの2.5㎞ 区間を延ばすことが出来ました!!

そこで7月20日(土)より今までの料金から少し上がります。
料金は、環境整備費として100円

スーパーカート維持管理費として
高校生以上が1200円
小・中学生が700円
未就学児が300円
となります

また、今まではお客様が来られたら随時発車してましたが、
今度からは40分に1本(1日10本)の運行になります
 

2013年08月03日

鉄橋越えに思うこと

鉄橋越えに思うこと
高千穂鉄橋越えに思うこと

 高千穂あまてらす鉄道代表取締役社長 髙山文彦



忘れもしない2005年9月の台風災害から8年、私たち高千穂あまてらす鉄道は苦しい道のりを歩いてきました。そうして2013年7月20日、それまで8年間ずっと立入禁止にされてきた高千穂鉄橋を越えられる記念すべき日を迎えました。

万感迫る思いを胸に、午前10時の始発に私も乗り込み、鉄橋を越えました。夢に見たあの素晴らしい峡谷美と高千穂や岩戸の連山をぐるりと眺め、そして広く晴れわたった青空にウグイスやヒヨドリの声を聞きました。

6月に試験運行したときは、この世のものとは思えぬブッポウソウという南方から飛来してくる鳥の美しいつがいの姿を見ました。

夏休みいっぱい(8月31日)までの実証実験ですが,私たちは夏休みが終わっても、晩夏の線路を、初秋の鉄橋を、そして晩秋の紅葉に染められた鉄橋を渡りつづけたいと思っています。

できることなら来年あたりは、鉄橋の先の大平山トンネル(約3キロメートル)を越えて、日之影町側の桜の名所として知られる深角駅まで往復したい。そうなれば全長およそ12キロメートルの往復運行となるのです。

一歩一歩こうして延伸してゆき、最後は日之影温泉駅までの往復運行を実現できらたら、高千穂あまてらす鉄道の当面の夢は実現します。

600ccの軽トラ改造車の「天空号」「雲海号」は、ゴムタイヤを鋼の車輪に穿き替えて、たくさんの乗客を乗せて、精いっぱい走らされて、ときどきエンジンが壊れたり、シャフトが壊れたりして、運行休止とメンテナンスをくり返さなければなりませんが、それもこれも手作りゆえの試行錯誤であって、一歩ずつ前に向かって進んでいくための試金石の積み重ねなのだと、どうかご寛容ください。

私たちスタッフは安全第一に努め、皆さまを安全に高千穂駅に連れ帰り、鉄橋の大パノラマを満喫していただけるよう日々努力いたします。

ぜひぜひ、高千穂駅までいらしてください。そして手製の「天空号」「雲海号」に乗って、かつてそれがあたりまえに運行していた頃のように高千穂鉄橋越えを体験してみてください。

私たちは郷愁のために、このような事業を押しすすめてきたのではありません。未来を切りひらくために営為努力してきたのです。

そして郷愁がマイナスに働く力であると言う人がいるとすれば、それは違うと言っておきましょう。郷愁――懐かしさだって、人の心に豊かなプラスのエネルギーを育ませてくれるのです。そのことを、この8年間の試みではっきりと私たちは知りました。懐かしさもまた大きな力になるのです。

たくさんの人たちがさまざまな思いを胸に高千穂を離れ、あるいは夢破れてひとりひとり帰って来た。その命の線路を撤去するのではなく、活用し、向こう100年はけっして崩れることのない当時としては最高の技術と原材料で架けられた大鉄橋を渡ることは、「ロマン」という以外に何と呼べばよいでしょう。

さあ、皆さん、自助互助の精神を大切にする地域力の結集の姿を、ぜひ楽しみに見に来てください。そして、ぜひ応援してください。
 

2013年07月23日

スーパーカート乗車の様子

スーパーカート乗車の様子
 

2013年07月23日

鉄橋を渡っている様子

鉄橋を渡っている様子
 

2013年07月23日

オープニングセレモニー時の様子

オープニングセレモニー時の様子
オープニングセレモニー時の様子

去ること7/20に新車両のスーパーカートのオープンセレモニーが行われました。

たくさんの方々が参加され、無事に安全祈願等を終わらせることができました。  

2013年07月12日

社長からのあいさつ

社長からのあいさつ

高千穂鉄道を廃線に追い込んだあの台風14号災害から8年、ずっと閉鎖されて きた高千穂橋梁をいよいよ高千穂あまてらす鉄道は渡ることになりました。

7月20日午前9時半にオープニングセレモニーを開催、今後は午前10時から40分に1本発車の時刻表に切り替え、最終発車は午後4時。1日で計10本の往復となります。

  高千穂町の協力と理解を得て実証実験としての運行となりますが、夏休み中は1日 も休まず続けます。

  全長352.5メートル、水面からの高さ105メートルの高千穂橋梁は、鉄 道橋としては東洋一の高さを誇っていました。それを渡れる日が来ることを、私たちは どれほど待ち望んできたことか!

  600㏄の軽トラを改造して10人乗りの「雲海号」を製作し、これまで高千穂―天 岩戸駅間往復4.4キロメートルを走ってきた「天空号」とともに2両編成での走行とな
ります。走行距離も往復5.1キロメートルと伸びて、大峡谷からの一大パノラマを皆 様に満喫していただくことができると思います。


  安全第一に努め、制限速度は15キロメートルとゆっくり。

  どうか皆様、ぜひぜひ遊びに来てください。





  代表取締役社長 髙山文彦
 

2013年07月06日

定期株主総会

会社概要1 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
102キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

会社概要2 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
93キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

事業報告書 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
83キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

事業計画と結果報告 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
134キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

取材報告書 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
69キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

事業計画案 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
106キロバイト

2013年07月06日

定期株主総会

予算案 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
132キロバイト

2013年06月30日

定期株主総会

定期株主総会
決算報告書1 

2013年06月30日

定期株主総会

定期株主総会
決算報告書2 

2013年06月29日

定期株主総会

定期株主総会
決算報告書3 

2013年06月28日

定期株主総会

定期株主総会
決算報告書4 

2013年06月27日

定期株主総会

定期株主総会
決算報告書5 

2013年06月26日

定時株主総会

定時株主総会
個別注記表 

2013年06月25日

定期株主総会

定期株主総会
監査報告 

2013年05月22日

保育園の遠足

保育園の遠足
保育園の遠足

今日は、町内の押方保育園から18名のお友達と3名の先生が遠足で高千穂駅を訪れました。

みんな楽しそうにスーパーカートなど乗ってました。

また、前日には近くのこども支援センターの行事としてお母さん方とお子さんもスーパーカートに乗られました。 

2013年03月08日

保育園の遠足

保育園の遠足
保育園の遠足

今日は、町内の保育園から23名のお友達が遠足で高千穂駅を訪れました。

みんな楽しそうにスーパーカートなど乗ってました。 

2012年12月24日

生憎の雨の中の取材

生憎の雨の中の取材
生憎の雨の中の取材


今日は、NHKの「あさイチ」の取材がありました。
ゲストとして、俳優の金子貴俊さんが来られました。
生憎の雨の中でしたが、なんとか取材できました。 

2012年10月19日

取材(●^o^●)

テレビ朝日の取材(^○^)

昨日は、午前中にテレビ朝日の取材がありました。
リポーターとして、はいだしょうこさんが来られました。
 

2012年10月19日

遠足(^O^)

遠足(^O^)
遠足ヘ(^o^)/


今日は、可愛い子どもたちが遠足で駅に遊びに来ました。
みんな楽しそうに遊んだりしてました。
 

2012年10月05日

可愛い園児たちの訪問

可愛い園児たちの訪問
可愛い園児達の訪問


今日は、朝から高千穂町内にある保育園から可愛い園児達が遊びに来てくれました。ヘ(^o^)/

スーパーカートに乗ったり、手押しトロッコやフワフワで楽しそうに遊んでいました。(^○^)

最後に記念撮影!!
 

2012年09月14日

スーパーカート愛称募集中!!

スーパーカート愛称募集中!!
スーパーカート愛称募集します!!


新しいスーパーカートになって4ヶ月経ちました。
しかしまだこのスーパーカートに名前が付いておりません
そこで、今回スーパーカートの愛称を募集したいと思います
なんでもいいので良い愛称があったら投稿してください
 

2012年08月29日

夏休み期間の入場者数(7/21~8/26)

夏休みの活動経過報告(7/21~8/26)

※[入]は、入場者数。[乗]は、スーパーカート乗車数。

7月 21日(雨) [入]3人

   22日(晴/雨) [入]18人 [乗]15人

    23日(晴/雨)[入]9人 [乗]9人

       24日(晴) [入]7人  [乗]4人
 
   25日は、休園日

   26日(晴) [入]11人 [乗]6人

   27日(晴) [入]19人 [乗]16人

   28日(晴) [入]38人 [乗]30人

   29日(晴/曇)[入]44人 [乗]35人

   30日(晴) [入]17人 [乗]12人

   31日(晴) [入]12人 [乗]4人

8月 1日(雨) [入]2人

  2日(強雨の為、休園)

   3日(晴)[入]30人 [乗]28人

   4日(曇) [入]37人 [乗]72人

   5日(曇/雨) [入]30人 [乗]21人

   6日(晴) [入]28人 [乗]22人

   7日(晴) [入]16人 [乗]13人

   8日(晴/雨)[入]19人 [乗]16人

   9日(晴/雨)[入]8人 [乗]2人

   10日(晴/曇)[入]22人 [乗]18人

   11日(曇) [入]50人 [乗]43人

   12日(曇/雨)[入]75人 [乗]57人

    13日(晴)[入]97人 [乗]72人

   14日(曇/雨)[入]70人 [乗]65人

   15日(晴)[入]51人 [乗]44人

     16日(晴)[入]81人 [乗]66人

   17日(晴)[入]72人 [乗]63人

   18日(晴)[入]75人 [乗]71人

   19日(晴)[入]57人 [乗]43人

   20日(曇/雨)[入]36人 [乗]32人

   21日(強雨の為、休園)

   22日(曇/雨)[入]15人 [乗]9人

   23日(雨) [入]9人 [乗]6人

        24日(晴)[入]46人 [乗]34人

   25日(曇/雨)[入]26人 [乗]19人

   26日(雨)[入]57人 [乗]45人


   入場者数合計 1,187名  乗車数合計 992名


    沢山のご来場、ありがとうございました。
 

2012年08月25日

今日の運転体験の様子

今日の運転体験の様子
第10回運転体験の様子

今日は、3名の方が運転体験をしました。
 

2012年07月23日

電動ウインチ登場!!

電動ウインチ登場!!
ついに電動ウインチ登場!!

スタッフがこれまで手動でワイヤーロープを巻いていましたが、ついに電動ウインチ登場により自動でワイヤーロープを巻くようになりました。

これにより方向転換するまでの時間が短縮されました(^o^)
 

2012年07月16日

新しい遊具が増えました!!

新しい遊具が増えました!!
新しい遊具が増えました(^O^)

種類は、3種類!!
ジャングルジム・ブランコ・すべり台
みんな遊びに来てね\(^_^)/
 

2012年05月04日

新車両お披露目!

新車両お披露目!
現在調整中の新車両です!

みなさんに会えるのを楽しみにしています!
もう少し待っていてくださいね^^

 

営業時間

【営業時間】午前10時~午後4時 【定休日】毎週 水曜・木曜(祝・祭日除く)
   ※雨天や強風の場合、休園する場合があります。ご了承ください。 

2011年09月05日

8月の入場者数

8月の活動経過報告

※[入]は、入場者数。[乗]は、スーパーカート乗車数。

1日(曇)  [入] 29人  [乗] 29人      16日(雨/晴)  [入] 74人  [乗] 64人

2日(曇)  [入]  5人  [乗]  4人       17日(晴)   [入] 94人  [乗] 82人

3日(強雨のため、休園)                18日(晴/曇)  [入] 82人  [乗] 74人

4日(晴)  [入] 22人  [乗] 22人      19日(晴)   [入] 86人  [乗] 77人

5日(雨)  [入] 22人  [乗] 13人       20日(雨)   [入] 26人  [乗] 21人

6日(強雨のため、休園)                21日(雨)    [入]  0人  [乗]  0人

7日(雨)  [入] 65人  [乗] 55人       22日(曇)   [入] 16人  [乗] 14人

8日(曇/雨) [入] 53人  [乗] 47人    23日(強雨のため、休園)

9日(晴)  [入] 48人  [乗] 36人      24日(晴)  [入]  0人  [乗]  0人

10日(晴)  [入] 29人  [乗] 27人     25日(曇/雨)  [入] 23人  [乗] 22人

11日(晴)  [入] 31人  [乗] 26人     26日(晴)   [入] 55人  [乗] 46人

12日(晴)  [入] 97人  [乗] 77人      27日(晴)   [入] 62人  [乗] 57人

13日(晴/雨)  [入] 64人  [乗] 52人    28日(晴)   [入] 53人  [乗] 42人

14日(晴/雨)  [入] 104人  [乗] 85人  29日(晴)  [入] 21人  [乗] 12人

15日(雨)   [入] 51人  [乗] 47人    30日(晴)  [入] 20人  [乗] 10人


31日は、休園。

入場者数合計  1,232名     乗車数合計  1,041名


沢山のご来場、ありがとうございました。 

2011年06月01日

三陸鉄道を訪ねて

社長のブログをアップしました。コラム~高山文彦をご覧下さい。 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春

ライブトレイン2011春
ライブの様子です
まずは、シンガーソングライターの甲斐完治さん。
地元出身で現在は、宮崎市にお住まいです。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
続きまして、岩手県出身のシンガーソングライターの
平井邦幸さん。
音楽を通して、高千穂に住んで高千穂に多大な貢献をしてくださってます。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
エイサーシンカ結も参加してくださいました。
エイサーは迫力があってすごかったです。
ただ、雨が降ってしまいテントの中だったのが残念でなりません。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
続きまして、地元バンド
UNFINISH(アンフィニッシュ)の皆さんです。
迫力のある演奏でみんなノリノリでした。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
つづいて、田部幸博さん
弾き語りで唄ってくれました。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
つづいて、五ヶ瀬町から参加してくれた
G音楽たいのみなさんです。
吹奏楽で、バンドとはまた違った魅力でみんな聴いていました。
 

2011年05月23日

ライブトレイン2011春の様子

ライブトレイン2011春の様子
最後は、地元バンド
PSB(プラスティック・しもけん・バンド)です。
背中に、「がんばろう日本!!」の文字を背負っての演奏でした。
 

2011年05月11日

ゴールデンウィークのご報告

今年もゴールデンウィークが終わりました。
あいにくの天気で、客足が伸びなかったところが多かったようです。

4月30日~5月8日までの状況を報告させてもらいます。

来場者数 801人
スーパーカート乗車数 445人

雨の日でも、カッパを着て乗ってくださったお客様もおられました。
フワフワも人気で、朝から夕方まで遊んでくださった家族の方も。
懐かしむ方もいれば、廃線になっていたことを知らなかった方も。
みんな、楽しんでもらえたでしょうか?

また、遊びに来てくださると有り難いです。

雨の日に来られた方も、途中で故障したのに笑顔で待っていてくださった方も、本当にありがとうございました。
 

2011年05月05日

第2回 運転体験

第2回運転体験(実施日:平成23年4月30日~5月2日)
参加人数:27名(内、飛び込み参加者:4名)
指導員:6名(元乗務員)


前回より参加者が多かったです。また、天気が良くてみなさん楽しそうでした。
アンケートも、「楽しかった」「貴重な体験ができた」「残して欲しい」などの意見が多かったです。

次回は、夏休み期間に予定していますが、指導員の方達の都合が合えば、その間にもう一回ほど出来れば、したいと思っています。  

2011年03月25日

平成23年度の活動について

今月、来年度(平成23年4月から、平成24年3月末まで)の跡地利用の許可を役場から頂きました。
これにより、来年度も営業を続けていけるようになりました。
来年度から、撤去計画が始まります。今まで通りとは、行かないかも知れませんが、活動は続けていくつもりです。
これからも、応援をよろしくお願いします。 

2011年03月21日

運転体験を終えて

今回の運転体験に参加して下さった皆様、ありがとうございました。
初めての試みに、不手際も多数あったと思いますが、楽しそうにしていて安堵しています。

今回の参加者は
3月19日・・・・・5名
3月20日・・・・・5名
3月21日・・・・・6名

指導員は、元高千穂鉄道の乗務員6名が、日替わりで来ていただきました。
また、参加者のご家族も来られて賑やかに運転体験をされていました。
時間のある方は、体験が終わった後、希望をつのり2度目の運転。また、子どもたちも運転席に座って写真を撮るなど、楽しそうで嬉しかったです。

参加者の方には、アンケートも答えていただきました。
その中から、いくつか抜粋させていただきます。

質問1)駅舎とその周りの感想を教えて下さい。
・いろいろあっておもしろい(30代・男性)
・さびしさがあります(60代・男性)
・なつかしかったです。(40代・男性)

質問2)実際に運転を体験してみて、どうでしたか?
・夢が叶いました(40代・男性)
・楽しかった(60代・男性)
・初めは恐る恐るでしたが、丁寧に教えていただき安心して運転させていただきました(30代・男性)

質問3)また、このような体験があったら、してみたいですか?
・してみたい(40代・男性、60代・男性他)
・機会があれば、またぜひお願いしたいです。(30代・男性)

質問4)この度、高千穂沿線の周辺施設及び、鉄橋などの撤去計画が発表されましたが、それについてご意見がございましたらお願い致します。
・できることなら駅舎等はそのまま残して欲しいです(30代・男性)
・日之影駅までの線路は残してほしい(40代・男性)
・考え直して欲しいと思います(60代・男性)
・陸別鉄道のように運転体験が出来る鉄道公園化を進めた方が良いと思う。鉄橋などは安全等考慮して撤去計画はやむを得ないと思う(鉄道再生にはならないが)(40代・男性)
などなど、他にも沢山意見を頂きました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
今回の運転体験の経験を生かして、また行いたいと思います。まだ、日程などは決まっていませんが、決まり次第、ホームページ等で告知していきたいと思っています。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。  

2011年03月13日

お見舞い申し上げます

東北沖地震の被害に遭われた方々へ、お悔やみ申し上げます。
1日でも早い復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。 

2011年02月18日

高千穂駅舎建て替え(宮日新聞より抜粋)

旧高千穂鉄道(TR)の鉄道施設について、高千穂町は14日、高千穂駅の駅舎を一度撤去して新たな施設に建て替えるとともに、高千穂鉄橋を観光遊歩道として活用するために保存する計画を示した。延岡市で同日開催された高千穂線鉄道施設整理基金運営協議会(会長・土持正弘県県民政策部次長)で報告了承された。
計画によると、高千穂駅の駅舎は2012年度に撤去する。同町は駅周辺の鉄道公園化を目指しており、駅舎は老朽化が激しく、観光施設としての活用が厳しいため。基金を活用して一度取り壊し更地にして新たな”駅”を建設する。また、駅関連施設では車両洗浄機と給油施設は撤去するが、ホーム、車庫、トイレ、軌道敷などは残す。
一方、高千穂鉄橋(長さ352m、高さ105m)については、かつて鉄道橋として東洋一の高さを誇った人気スポットで、撤去には数億円の費用がかかることから、観光資源として活用するため遊歩橋の整備を検討している。町は大分県九重町の「九重”夢”大吊橋」などを参考に調査を進めている。
興梠高彦副町長は「財政事情を考えながら、町民や議会とも話し合って進めていきたい。予算化は早くても14年度以降になるだろう」と話した。
また、同日の協議会では撤去対象施設の選定など4項目について、県と延岡市、高千穂、日之影町が審議。安全対策上の問題などから、今後10年間で3市町合わせて駅関連施設11ヶ所、橋20本、トンネル封鎖9ヶ所と電柱・電線を撤去する計画を確認した。
撤去には総額12億1088万円が見込まれ、県と3市町は年間約1億1100万円を基金に積み立てていく。
 

2011年02月18日

高千穂鉄道の施設2020年度までに撤去(読売新聞より抜粋)

整理基金運営協議会
高千穂線鉄道施設整理基金運営協議会(会長=土持正弘・県県民政策部次長)は、14日、来年度から2020年度にかけて、約12億円を投じて高千穂駅など沿線の駅舎やホーム、待合所、橋、トンネルなどを順次撤去することを決めた。
県と沿線の延岡市、日之影町、高千穂町が11年度から基金に積み立てる。出資比率は県が50%、延岡市25%、高千穂町15.5%、日之影町が9.5%。
撤去費用の内訳は、延岡市が約6億3100万円、日之影町が約3億9300万円、高千穂町が約1億8600万円で、鉄橋の解体費が大部分を占めるという。
跡地利用を模索していた高千穂駅は、11年度から車両洗車機などの撤去に取りかかる。高千穂鉄橋は散歩コースとして活用する構想があるため存続させる。
高千穂町の興梠高彦副町長は「高千穂駅の老朽化が著しい。更地にして列車が走っていたことがわかるような公園にしたい」とし、レストハウスの建設も考えているという。 

2011年02月13日

遊具について

遊具について
こちらの、ふわふわも支援者の一人が導入してくれました。
環境整備費の100円で駅構内に入っていただければ、自由に遊ぶことが出来ます。
この、ふわふわは土・日・祝日に遊べます。 

2011年02月11日

レールバイク

レールバイク
新しい遊具として、レールバイクを支援者の一人が導入してくれました。
これは、足で漕ぐタイプの物でホームの横を走るようになっています。
 

2011年02月11日

ヤギの名前決定

ヤギの名前決定
ヤギの名前が決定しました。
沢山の応募ありがとうございます。
思ったより沢山の応募があり、私たちは「こんなにも、みんな会社のこと気にかけてくれてるんだ」と、再度感謝の気持ちと改めて、これからもっと駅を盛り上げていこうと、思いました。


では、社長と役員とで話し合った結果の報告を。

青首輪のヤギは、「しんご君」

赤首輪のヤギは、「のぞみ君」

と、なりました。

高千穂にちなんだ名前が多かったのですが、親しみやすいという事と、呼びやすいという理由で、決定いたしました。

今後も、ヤギともども、高千穂あまてらす鉄道株式会社の応援をよろしくお願いいたします。
本当に、応募してくださった皆様、ありがとうございました。

随時、運転体験の受付もしています。

 

2011年02月05日

現在、運行している遊具について

現在、運行している遊具について
去年の5月から、スーパーカートの運行をしています。
距離は高千穂駅から天岩戸駅までの往復約4.4㎞。時間にして、約25分から30分。
料金は、高校生以上 700円。小・中学生 500円。未就学児 300円。
定休日は、毎週水曜と木曜になっています。
他に、ふわふわ(空気の入っている遊具)と、手押しトロッコなどがあります。
来年度の敷地の利用許可を町役場から頂いたので、来年の3月までの運営を今まで通りやっていきます。  

2010年08月21日

営業状況とこれから

夏休み限定だった
高千穂駅~天岩戸駅までの2.2㎞
期間を延ばすことが出来ました!!
来年の3月いっぱいまで、天岩戸駅まで行けます!!
料金は、環境整備費として100円
スーパーカート維持管理費として、高校生以上が700円
小・中学生が500円
未就学児が300円と、変わりませんが夏休みにどうしても来れなかった方などは、ぜひ、お越し下さい。
ただし、9月からは定休日が発生します。
毎週、水曜と木曜日が会社の定休日となり、スーパーカートも運休します。
わからない事などがありましたら、お問い合せの上お越し下さい。
 

2010年08月15日

奇跡の復活!高千穂駅~天岩戸駅間

 

2010年08月15日

奇跡の復活!高千穂駅~天岩戸駅間2

 

2010年08月07日

驚きの延長

社長が帰ってきたとたん!!
旧高千穂駅~旧天岩戸駅まで運行決定!!
来たる8月9日、月曜日から夏休み期間の8月31日まで
スーパーカートを走らせます!!
片道2.2㎞驚きの往復4.4㎞!
しかし、すみません。
残念なお知らせがあります。
維持管理費についてです。距離が伸びたことにより、今まで
大人 500円  子供 250円 だったのを、少し上げることになりそうです。
新しい料金は、後日お知らせ致します。
本当にそこの所は、申し訳ありません。
8日までには、ご報告いたします。どうぞ、ご了承ください。
 

2010年05月03日

新車両!その名も「○○号」!!

新車両!その名も「○○号」!!
GW期間中に初運行を目指している新車両。ただいま安全管理の最終調整に入っています。お披露目までもうまもなく!お楽しみに!! 

2009年09月19日

オリジナル絵はがきを発売します。

オリジナル絵はがきを発売します。
本日からオリジナル絵はがきを発売致します!!

「温故知新シリーズ① 鉄道のある風景」と題しまして、昭和47年の高千穂線開通一番列車の写真や吾味駅の先にある第三五ヶ瀬川橋梁を渡る列車の写真など、5枚入り1セットです。
こちらも切手同様、高千穂駅での限定販売です。
1セット・・・500円

懐かしい気持ちになります。 

2009年08月30日

高千穂鉄道の記念切手を発売しています。

高千穂鉄道の記念切手を発売しています。
 
オリジナル切手シリーズ NO.1「高千穂鉄道の記憶」

高千穂駅にて販売しております。
国鉄時代から廃線まで、懐かしい写真がそろいました。
高千穂駅にて販売しております。1シート1500円。
 

2009年07月06日

線路であそぼー!!

線路であそぼー!!
高千穂あまてらす鉄道では、高千穂鉄道跡地の公園化を目指して、8月に「線路であそぼー!!」というイベントを企画しました。
詳細は以下のとおりです。







目指そう!高千穂鉄道記念公園

線路であそぼー!!


☆夏休み特別期間:平成21年8月1日(土)~8月31日(月)
           午前10時~午後17時まで開放

☆イベント内容:●乗り物 スーパーカート、手押しトロッコ、レールバイクの試乗
          ●車両展示
          ●記念品展示
          ●売店コーナー

☆料金について:環境整備費(入場時に要ります) /一般 300円/中学生・高校生 100円/小学生以下 無料

☆注意事項☆①夏休み前の土・日曜日も駅舎を開放しておりますが、乗り物の運行、車両展示を行ってないことがあります。事前にお問い合せの上お越しください。

       ②入場時に、環境整備費等を頂いております。

     ③雨天の場合、乗り物の運行ができない場合があります。

☆お問い合せ☆高千穂あまてらす鉄道(株) TEL:0982-72-3216/FAX:0982-72-3217


皆様のご協力をお願い致します。
           

2009年04月28日

ゴールデンウィークに高千穂駅を公園として開放します。

ゴールデンウィークに高千穂駅を公園として開放します。
高千穂線が廃止になり、列車が動かなくなり、人の行き来がなくなり、ちょっと寂しくなった駅。
しかし、駅構内の草木や花たちは、あの日のままの変わらない姿で、生き生きと輝いている。。。。。

廃線後の高千穂駅を公園として開放します。
遊びに来ませんか?


【高千穂鉄道みに公園】

・日時:平成21年5月2日(土)~5月6日(木)
    午前10時~午後5時

・場所:高千穂駅舎及び高千穂駅構内

・入場料:無料

・内容:駅舎待合室、駅構内を休憩所や子供の遊び場所として開放
    遊具トロッコの展示・試乗(雨天の場合は中止)

・お問い合せ:高千穂あまてらす鉄道(TEL:0982-72-3216)

子供を遊ばせたり、お弁当を食べたり、憩いの場所としてお立ち寄りください。 

2009年02月04日

譲渡車輌の運び出し日程について

譲渡される一般車両3両、トロッコ列車2両の運び出し日程です。

●日之影町譲渡・・・一般車両2両
運び出し日時:平成21年2月10日 午後9時~翌日午前5時
予備日:平成21年2月13日 午後9時~翌日午前5時

●阿佐海岸鉄道譲渡(徳島県)・・・一般車両1両
運び出し日時:平成21年2月18日 午後9時~翌日午前5時

●JR譲渡(日南線・宮崎県)・・・トロッコ列車2両
運び出し日時:平成21年2月19日 午後9時~翌日午前5時(未確定)


※時間帯については、おおまかな時間を書いております。また運び出しの前作業時間を含んでおります。

※上記日程は天候等によって変更される可能性があります。
※作業の都合により、深夜国道に交通規制がありますので、ご了承ください。

※作業当日、交通安全等には充分にお気をつけください。また、見物される際は安全確保を充分に行ってください。
 

2008年12月11日

廃線に向けた、感謝を伝えるイベント「ありがとう!高千穂線」

平成17年9月6日の台風から3年という月日が流れました。
今年12月28日、槇峰-高千穂間の廃線が確定。これをもって、高千穂線は全線廃止路線となります。
百年越しの想いをつなぎ、雨の日も風の日も、多くの人々を乗せて安全に一生懸命走った列車に、みんなで「ありがとう」を伝えませんか。

日 時:2008年12月23日(火・祝日)午前10時~午後4時

場 所:高千穂駅構内

内 容:――ありがとう――
●お世話になった列車を洗おう
          ●メッセージボードを書こう
    ●高千穂線の写真を展示します
    ●高千穂線懐かしの映像・音を流します

――未来へ――
    ●「想い」の風船を空に飛ばそう


主 催:高千穂あまてらす鉄道(株)、あまてらすプロジェクト実行委員会

*お願い*
列車を洗うタワシ、バケツ、タオル、また駅構内清掃用のほうき等、軍手をお持ちより下さい。
  また、寒さが予想されますので風邪をひかない暖かい服装でお集まりください。
廃線をむかえる高千穂線に感謝を伝える最後のイベントとなります。どうか、多くの方にお集まりいただき、当日お手伝い等のご協力をよろしくお願い致します。

*お問い合せ*
    高千穂あまてらす鉄道株式会社 担当 佐藤美樹(TEL:0982-72-3216)  
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
4308キロバイト

2008年10月10日

高千穂線復活支援 米良美一コンサートのご案内

高千穂線復活支援 米良美一コンサートのご案内
高千穂線復活支援米良美一コンサート

10月25日(土)●前夜祭(※入場無料)

10月26日(日)●コンサート(※入場無料)

10月26日(日)●協賛イベント



イベントスケジュール

●高千穂線復活支援コンサート 前夜祭
日時:10月25日(土)午後6:00~午後9:00
場所:高千穂駅裏 棚田特設会場
内容:沿線の皆さんによるコンサート
出演:甲斐節子(民謡 2008年度正調高千穂刈干し切り唄全国大会 女性高年の部 優勝者・高千穂)
    エイサーシンカゆい(エイサー・高千穂)
    afro blue(ヒップホップダンス・高千穂)
    平井 邦幸(ギター弾き語り・高千穂)
    チームZEN(バンド・延岡)
    Side-B(バンド・都城)

●かっぽ酒のふるまいあり!


●高千穂線復活支援 米良美一コンサート
日時:10月26日(日)午後4:30~午後7:00
場所:高千穂駅裏 棚田特設会場
開場:午後4:30  開演:午後5:30
※入場料無料


●協賛イベント
日時:10月26日(日)午前11:00~午後8:00
場所:高千穂駅周辺
内容:支援者による出店(焼き鳥、イカ焼、生ビール、湯豆腐、うどん、スウィーツ、だんご、地場産品、雑貨 等)
    高千穂と地域を元気にする「知鋪の郷」のもちつき・ふるまい
     フリーペーパーFIVEギャラリー展開催(高千穂高校前入り口)
     高千穂町社会福祉協議会 福祉まつり(高千穂町自然休養村管理センター)

尚、会場から駐車場が離れていますので、お早めにお越しください。

《社長 高山文彦より》
 私たち高千穂あまてらす鉄道は、想い出の深い高千穂駅周辺で高千穂線復活支援のための「米良美一コンサート」を開催する運びとなりました。
 ご案内のようにカウンターテナーのアーティスト米良美一さんは、山の人、西都出身であり、山の者の痛みを知っています。彼は多忙にもかかわらずあの台風のあと二度も高千穂を訪れて、「鉄道復活のため協力したい」と約束してくれました。
 このコンサートはこの約束にもとづいた第一回目のコンサートであり、私たち多くの高千穂町の人びとが望んでいる高千穂線復活のためのはじめの一歩と位置づけています。
高千穂鉄道の復活のためには、私たちが乗り越えていかなければならない課題が山積みしていますが、このコンサートを期にまずは地域のためになる鉄道公園の実現をめざしての確かな一歩を踏み出したいと熱望しています。
なお本コンサートは、高千穂町内外の方々にこの趣旨を広く知っていただくためにマスコミや専門家のご協力も得て、経験豊かなボランティアの方々が中心になって運営していただく無料のコンサートにいたしました。
稲刈りが終わり、新米の出荷が始まる頃の田んぼは、米良美一の歌声によってもう一度実りの秋をよみがえらせることでしょう。そしてこれから迎えなければならぬ全線廃止の厳しい冬を乗り越えて、何もかもが新しく生まれ変わる春へと希望をつなぐイベントになると確信してやみません。
 臨冬望春、みなさまのご理解とご協力をぜひともいただきたく心よりお願い申しあげます。
 

《米良 美一さんより》
 このイベントは高千穂線の再生を願うものではありますが、まずは神秘の里高千穂の地を讃え、神々に感謝し集うことで、必ずや未来へ光明を見い出すことができると、私は強く念じながら喜びをもって歌いたいと思っています。     

2008年10月01日

米良美一コンサートツアーのお知らせ

10月25日・26日開催(25日は前夜祭のみ)の高千穂線復活支援米良美一コンサートと阿蘇・高千穂を満喫するツアーのお知らせです。※PDFデータをお開き下さい。


米良美一コンサートの日程(予定)

10月25日(土)
米良美一コンサート前夜祭

時間:午後3:00~午後8:00
場所:高千穂駅周辺、高千穂駅裏棚田特設会場
内容:高千穂鉄道写真展、エイサー、ダンスパフォーマンス、各団体出店等


10月26日(日)
米良美一コンサート

開場:午後4:30  開演:午後5:30~午後7:00
場所:高千穂駅裏棚田特設会場

その他 協賛イベントを午前11時から高千穂駅周辺にて開催。  
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
3149キロバイト

2008年09月17日

要望書を提出しました。

 9月8日開催の「高千穂鉄道株式会社」取締役会の決定事項について、高千穂あまてらす鉄道株式会社は以下の各関係機関に要望書を提出しました。(※PDFファイルをご覧下さい。)


提出先機関

・高千穂鉄道株式会社 代表取締役 内倉信吾様
・高千穂町長 内倉信吾様
・高千穂町観光協会 会長 後藤俊彦様

回答については、9月以降開催の「高千穂鉄道株式会社」取締役会で要望について諮られた後、回答をいただけると思われます。回答があり次第、皆様にご報告いたします。
 
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
128キロバイト

2008年07月22日

髙千穂線に関する物や写真を探しています。

高千穂線ギャラリーをつくるため、高千穂線に関する物や写真を探しています。
ご協力していただける方はご連絡お願いいたします。
お借りした物、写真は責任をもって管理させていただきます。

連絡先:高千穂あまてらす鉄道(TEL:0982-72-3216)

ご協力、よろしくお願いいたします。  

2008年07月02日

第3回定時株主総会 議事録

※この議事録の一番下に「第3回定時株主総会 資料」のアイコンがあります。(PDFファイル)クリックして下さい。


 平成20年6月29日(日)、午後1時より、ゆめゆめプラザTAC(Aコープ高千穂店下大研修室)において定時株主総会を開催した。


当会社株主総数 597名
発行株式総数 13,749株(内、自己株9,392株含む)


出席株主数(委任状出席含む) 411名
この持株数 3,526株(自己株含め 12,918株)
※出席・・30名(949株)、委任出席・・381名(2,577株)、自己株・・1名(9,392株)


出席取締役
工藤雅康 代表取締役
佐藤哲章 取締役
上田耕市 取締役
池崎陽夫 監査役

欠席取締役(委任)
今長賢誠 取締役
田丸眞 取締役
新野たみ子 取締役
姫野建夫 監査役

書記
佐藤美樹(当会社従業員)

以上のとおり株主の出席があったので、定款の規定により代表取締役社長 工藤雅康は議長席につき、定時総会は適法に成立したので、開会する旨を宣し、直ちに議事に入った。

報告事項

(1)第3期事業経過報告の件
(2)第4期事業計画案の件

議長は上記のことを当日配布資料より営業状況、及び今後の計画について詳細に説明をした。※PDF資料参照ページ

①高千穂あまてらす鉄道(株)設立までの経緯
②現状について
③めざす「公園」とはなにか。
④未来に向けて(髙山文彦記す)
⑤これまでの流れ(図)
⑥株式地域別割合(グラフ)
⑦第4期収支(案)
⑧大枠なスケジュール
⑨各地の公園化成功例

上記にあげた資料を参考に説明し、報告を終える。①②⑤⑥が事業経過報告、③④⑦⑧⑨が事業計画(案)


決議事項

(第一号議案)第3期決算報告書、貸借対照表・損益計算書及び株主資本等変動計算書の承認に関する件

議長は上記議案について、佐藤哲章取締役に説明を依頼した。佐藤取締役は下記の書類を参照し説明をした。※PDF資料より

①貸借対照表
②損益計算書
③販売費及び一般管理費
④株主資本等変動計算書
⑤個別注記表

ついで、監査役池崎陽夫は、綿密に調査したところ、いずれも正確妥当であることを認めた旨を報告した。(※PDF資料・監査報告書参照)
よって総会は、満場異議なく、これを承認可決した。


(第二号議案)役員辞任に伴う人事案件に関する件※PDF資料・役員辞任に伴う人事案件参照

議長は退任する3名に退任理由について述べさせた。その後、新任について今回の総会で補充をしない旨を述べた。

上田:来年の3月までに鉄道資産が自治体に譲渡されれば、今後は自治体ごとの取組が大切になってきます。まずは目の前に1をつくり、それから2.3.とすすめていくことが大事で、それができるのは公園化です。私自身、最初の体制「走れトロッコ準備室」から参加しており、全線復活ということを目的にやってきましたが、今はその方向(公園化)しかないと思います。地元の人びとによるエリアに分かれた公園化をするしかない。資産譲渡がされ、延岡をどうするのかと考えた時に、私は延岡に軸足をおき、高千穂、日之影と連携をとってすすめていける体制づくりをしたい。決して放り出すわけではなく、今回新たなステージに入ったということで、辞任を決意いたしました。
また、田丸取締役については、延岡の観光協会長であり、千徳酒造の社長でもあります。千徳酒造のお酒の原料である米は高千穂の山田錦であり、本人自身、高千穂には思い入れが強い。しかし、高千穂観光協会の撤退に伴い、延岡観光協会の理事会で「今後、高千穂線の活動に協会としては参画しない」と決定したため、協会長として辞任せざるえないということで決意されました。個人的には、ご支援されるということで、ご理解お願いいたします。


池崎:私も当初から監査役として参加してきたわけですが、7/1より後期高齢者という立場になってまいります。個人的な理由で申し訳ありませんが、辞任した後も事務的には応援させていただきます。勝手ではございますが、高齢のため監査役の辞任を決意いたしました。


新任についての件

議長:この会社が公園化を成功させるためには、地域(沿線自治体)の住民の方の協力が必要である。いま高千穂-日之影間の公園化を大きな目的としている上で日之影の方の協力が必須である。総会前に日之影のある方に就任のお願いをしたところ、7月中に日之影住民との話し合いの場をもつので、それ以降に検討したいとの考えであった。他に、あまてらす社の事業計画づくりに参加していただいた提案委員会のメンバーから三人の方に就任のお願いをしているが、その方々の仕事の都合上、現在諮っていただいている途中である。このことから、現段階で新取締役就任の補充はありません。どうか、代表取締役の私に今後の就任についてご一任いただきたいと考えております。


議長は総会で上記のことを述べ、満場異議なく「社長一任」ということで承認可決した。


(第三号議案)増資の件※PDF資料・第3号議案 増資の件参照

議長は、第3号議案についての説明を上田耕市取締役に依頼した。


上田:本年度、株式募集をします。増資の上限を3,000万円とし、募集の期日、方法等は今後開催する取締役会で決定するとします。3,000万円の内容は、今年3月31日までに処理した支援金の株式転換に間に合わなかった支援金(株式転換意思表明書を4月以降に受付した分)を株式に転換させていただくことと、意思表明書と一緒に送られてきた現金の株式受入、及び新規の申し入れ受付となっております。


第3号議案についても、満場異議なく、これを可決した。
増資の方法、期日等は今後取締役会を開催し、ホームページに掲載いたします。


(その他)
議長は、株主の皆様からのご要望・意見等を求めた。


株主の倉田秀夫様(広島県)のご質問

「公園化の可能性はありますか」

議長:現状、(公園化の)指定管理者を受けるのは無理です。自治体に譲渡後、跡地利用を判断するのは自治体であるからです。今後、町議会と関わり方、住民との関わり方がとても大事になってきます。まずあまてらす社の取り組みとしては、議会や住民の方に、会社の考えをお示しすることが重要になります。


「高千穂町観光協会との関わり合いをどう考えていますか」

議長:私自身、観光協会のお力なしには公園化は難しいと考えます。撤退の件もありますが、支援者の皆様の反対がなければ、今後、観光協会との連携も考えております。(6月に高千穂町観光協会の会員になりました。)


株主の山本栄治様(日之影町)からのご要望

「増資3,000万円を集めるということは、それなりの責任が発生するということです。あまてらす社は、事業について来年、再来年しか見通しができないということを株主にお示しし、納得したやり方で取り組んでください。株主、あまてらす社共々、頑張りましょう。」


議長より報告

10/5に米良美一さんによる高千穂線支援コンサートを高千穂駅で開催することを報告した。ぜひ株主の皆様にも参加していただきたいとお願いした。



 議長は、以上をもって本日の議案全部を終了した旨を述べ、午後3時30分閉会した。
                                   
PDF文章ファイル
PDF文章ファイル
26186キロバイト

2008年06月30日

新社名公募 作品紹介

 高千穂あまてらす鉄道に社名を変更してから3ヶ月が過ぎました。
公募は461通あり、山形県の松谷忠和さんの「高千穂あまてらす鉄道」が最優秀作品として選ばれました。


《最終選考作品》*5名

高千穂ふるさと鉄道*同一公募者3名
高千穂は神話のふるさとであり、列車で訪れた旅人の心のふるさとでもあります。ふるさと高千穂の歴史と伝統、そして未来を背負っていく、なくてはならない鉄道だと思います。
有田様(宮崎県)、池永様(大阪府)、高井様(岐阜県)


高千穂まほろば鉄道*同一公募者2名
「まほろば」とは優れた場所、素晴らしい場所という意味です。人々を高千穂の神話の世界に誘う鉄道であり、すばらしい所へ導く鉄道という意味をこめて考えました。
赤羽様(神奈川県)、濱崎様(熊本県)


以上が、最終選考5名の作品です。他にどんな社名が公募されていたのか、461通すべてを掲載することはできませんが、一部を命名理由と合わせてご紹介します。


がまだせパーク鉄
「がまだせ」とは高千穂弁で「がんばれ」という意味。公園鉄道として生まれ変わりたいトロッコ鉄道も是非頑張ってほしいという願いをこめて命名しました。


みやざき高千穂峡鉄道
今日本で一番熱い県、みやざきの県名を冠し、さらに高千穂峡のアピールもかねて、知名度アップを図る。特に「みやざき」をひらがなにするのは、「みやざき応援隊」や「みやざき観光大使」と同様の趣旨です。ローマ字の頭文字から「MTTライナー」、「MTRライナー」などの列車を運行するのもおもしろいですね。


水の森鉄道
五ヶ瀬川流域はまさに水の森。山と谷を縫い、川を遡上する鉄路の名として響きも美しいと思います。新社長の著書にもありますもんね。


高千穂ゆうゆうライン
神話をイメージする悠久・悠然の「悠」。観光をイメージする「遊」から「ゆうゆう」と付けました。また全国の鉄道会社に~ラインと付けている会社が少ないので、他社とまぎわらしくないと思い命名しました。


神話鉄道高千穂駱駝
らくだは、砂漠地方で人びとの足、または運搬手段となり、ゆっくりではあるけど、確実に目的地を目指し、到達します。その思いから付けました。


高千穂フェニックス鉄道
フェニックスは不死鳥の意味。路線の一部が流出し、費用面の問題からも全線復旧は極めて難しいと言わざるを得ないが、沿線の人びと、そして全国の鉄道ファンの絶え間ない努力が続けば、きっと夢は叶う。まさに不死鳥のように。


ひむか神舞鉄道
「ひむかかみまいてつどう」と読みます。天孫降臨の地(日向)で、夜神楽が舞われるイメージ。「舞い」から連想される“しなやかさ”と神に対しての“上質”を出すために「かみまい」の音にした。


高千穂よかとこ鉄道
親しみやすい方言で、柔らかい印象のひらがなで、多くの人に覚えてもらえると良いなと思いました。


宮崎高千穂アロハ鉄道
ア=愛、ロ=夢(ロマン)、ハ=育む の心で付けました。


ファンタスティック神話の里鉄道
明るい未来が来るように、願いをこめて明るく作ってみました。


ふれあい高千穂トレイン
高千穂町の町民憲章には「かがやく町づくり 旅人に心やさしく ふれあいと人の和をひろげましょう」とあります。鉄道記念公園内でこれから運行する予定の列車は、地元町民と観光客の方々のふれあいの場として、地元の活性化に寄与する列車であれば良いと思います。


今回の社名公募では、たくさんのご応募をいただき、まことにありがとうございました。
残念ながらこの場でご紹介できませんが、他にもたくさんの新社名を考えていただいております。また社名と一緒に寄せられた「命名理由」には、鉄道復興を願い応援する温かい皆さんのお心が読み取れました。
読みやすさ、書き表した時のすっきりさ、子供にも親しみやすいひらがなにしたり、夢のある名前などなど、こだわりの社名もたくさんありました。1人で100通近くご応募された方もいらっしゃいました!
どれも素晴らしい社名ばかりで、1人の方の社名に絞るのに苦戦したほどです!
461通のご応募、まことにありがとうございました。皆さんの思いを無駄にしないよう、これからも頑張ってまいりますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。  

2008年03月15日

新社名は「高千穂あまてらす鉄道」に決定しました。

■新しい社名が決まりました!■

新社名が「高千穂あまてらす鉄道」に決まりました。この提案をなさったのは、山形県米沢市在住の松谷忠和さんです。ありがとうございました。そして松谷さん、おめでとうございました。

あまねく日の光に満ちた国、そのように私たちの会社もありたい。新しく生まれ変わるのに最適な社名をいただいたと感動をおぼえております。

選考委員各氏の選評をご紹介します。暖かく熱い応援のメッセージを、どうぞお読み下さい。

平成20年3月15日
高千穂あまてらす鉄道
代表取締役社長 高山文彦

■選考委員 寸評■

○川上弘美(作家)
「高千穂」という地名には、歴史の重みがあります。新しい社名にも是非「高千穂」という言葉が入っていて欲しいと思いました。高千穂はまた、神話とも縁深い土地です。神話、という言葉を直接使っているものもありましたが、神話にもさまざまなものがあります。神話の中の、具体的な場面を思い起こさせる言葉がふくまれるものに心惹かれました。「高千穂あまてらす鉄道」。生涯に一回は乗ってみたい鉄道の名となったと思います。

○酒井順子(エッセイスト)
天孫降臨の地へとつながる一筋のレール、というものがイメージできる名前を選んでみました。神様の名前がついた鉄道というのは、ちょっと他には無いのでは・・・・・・? 先日、高千穂を訪れた時は、使われなくなった高千穂鉄道の線路跡を見て、たいへん寂しい思いをしたものです。あのレールが再び光り輝き、たくさんの人たちを神話の地へと運ぶ鉄道が戻ってくることを、願ってやみません。

○結城登美雄(民族研究家)
新社名「高千穂あまてらす鉄道」決定、おめでとうございます。審査にあたり「ふるさと」「まほろば」「あまてらす」など、新社名に寄せる思いは様々にあふれゆれましたが、決ってみると、いかにも高千穂らしい名前であると合点しました。人も物も名づけられて改めて命が吹き込まれるといわれますが、多くの人々によって名づけられた新会社がその命を輝かせ、しっかりと出発進行されますようお祈り申し上げます。本当に、よかった。

○米良美一(歌手)
寄せられたどの名称も、高千穂のもつ神秘的で幽玄な雰囲気にピッタリだと感心しました。特に個人的には、古の言葉である”まほろば”(=優れたいいところ・国)が用いられているとこに強く惹かれました。素敵な新社名に決まって、輝かしい未来を築いていかれることを、心より祈念して居ります!!

○後藤俊彦(高千穂神社宮司)
最終候補にのこった社名は、いずれも高千穂にふさわしい思い入れが感じられます。日本人は”橋”を彼岸への懸け橋として用いることがありますが、鉄道もまた人と人、町と村、そして人の希望(願)を結ぶものとの思いがあるのでしょう。小さな湧水がやがて一筋の川となってゆくように、鉄道存続への祈りが人々の夢をむすぶ大きな流れに成長し発展してゆくことを祈っております。

○ばあちゃんX(日之影町在住)
だめと思っていたらこんなに一生懸命に高千穂鉄道を思っていただきありがとうございます。体に気を付けてがんばってください  

2008年02月20日

新しい社名を公募します

神話高千穂トロッコ鉄道では、新しい社名を公募いたします。

○締め切り…3月 4日
○発  表…3月15日
○社名使用…4月 1日より

○賞  品
見事採用された方には全8種類の中からご希望の3品を進呈します。
また、最終選考に残った5名の方にもご希望の1品を進呈します。

1.公園化開通式典のテープカットに特別代表としてご招待
2.公園化一番列車ボックスシート4名分乗車券 お弁当付き
3.公園列車1年間乗り放題乗車券
4.公園内貸し切り列車運転士体験 斉藤運転士による教習付き
5.高千穂線復活後を題材とした当社社長・高山文彦のサイン入り小説「ミラコロ」10冊
6.当社取締役・漫画家赤星たみこが採用者の似顔絵を書いて額装
7.当社取締役・佐藤哲章経営の民芸旅館かみの家1泊2食付きペアー宿泊券
8.五ヶ瀬川流域地場産品2万円分山盛りと当社取締役・上田耕市経営の虎屋のお菓子

○選考委員
川上 弘美(作家)
酒井 順子(エッセイスト)
結城 登美雄(民族研究家)
米良 美一(歌手)
後藤 俊彦(高千穂神社宮司)
ばあちゃんX(日之影町出身)
高山 文彦(作家・弊社代表)